サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ルクレール「『フェラーリSF1000』は2019年版の進化型。最高のマシンを作り上げるため全員が力を尽くした」

ここから本文です

ルクレール「『フェラーリSF1000』は2019年版の進化型。最高のマシンを作り上げるため全員が力を尽くした」

ルクレール「『フェラーリSF1000』は2019年版の進化型。最高のマシンを作り上げるため全員が力を尽くした」

 スクーデリア・フェラーリでの2年目を迎えるシャルル・ルクレールは、チームについて熟知したいま、昨年とは違うアプローチで2020年に臨むと語った。フェラーリのマシンについて理解を深めたことが、今年の戦いに生きてくると、ルクレールは考えている。

 フェラーリ・ドライバー・アカデミー出身のルクレールは、F1参戦2年目の2019年にフェラーリに抜擢され、2勝を挙げてランキング4位と、ベテランのチームメイト、セバスチャン・ベッテルを上回る成績を挙げた。

「フェラーリはクレバーなソリューションを見つけ出した」ベッテル、新車『SF1000』のパフォーマンスに期待

 1シーズンのなかで、フェラーリでの仕事の仕方やフェラーリF1マシンについて理解してきたことで、2020年はより優れたパフォーマンスを発揮することができるとルクレールは考えている。

「今年はアプローチが少し変わる。(昨年と違って)今の僕はチームのことをよく知っているからだ」とルクレールは、2020年型フェラーリ『SF1000』の正式発表に際し、コメントした。

「マシンについてもある程度は理解している。もちろん新シーズンに向けて新しいマシンが導入されるけれど、今年型は去年型を改善したものだ。僕らはマシンをさらによくして、開幕に向けてしっかり準備を整えるために、力を合わせて努力している」

「今はチームメンバーのことをよく知っているし、いいシーズンになると思う。大きなチャレンジが待ち受けている。早くこのマシンで走りたいね」

「身体面を整えるために、山に行ったりして準備をしてきた。トレーニングの面では昨年までとほとんど変わらない」

「全力を尽くすつもりだ。可能な限り最高のマシンを作り上げるため、チームの全員が懸命に作業を重ねてきた。僕自身は、これまで犯したミスから学ぶ努力もしている。今年はドライバーとして成長したい」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します