サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「低さを極めたGRF型インプレッサの勇姿」各部の徹底したスムージング処理も見どころだ!

ここから本文です

サーキットライクなバリスエアロをスムージング!

エアサス化で実現した超ローフォルム

「パンデム仕様の超美麗180SXが降臨」最新ボディキットの価格もついに判明!

「ATの設定しか無いが、2.5Lで排気量が有利なAラインをMT化した方が面白い」。そんな発想からGRF型インプレッサWRX STIを選択したオーナー。18歳の時に購入した初めてのマイカーだったという。

ボディカラーはランボルギーニ純正色をベースに調色したイエローパールだ。バリスのVer.1ワイドボディキットでフル武装しているが、リヤフェンダーはボディパネルとスムージングすることで一体感を演出。

おすすめのニュース

サイトトップへ