現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!?

ここから本文です

ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!?

掲載 29
ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!?

 マツダの現行車種の名前は、記号のように統一されているのは良いのだが、登録乗用車で「車名」といえるのはロードスターくらいで、少し寂しい。時代を遡ると、マツダのクルマって結構いい名前が多かったのに……。そこで、ネーミングセンスが光っていた、マツダのクルマを見ていこう!

文:佐々木 亘/写真:MAZDA

ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!?

■マツダの歴史を支えてきた名車は名前もすごい

後世に遺したいマツダの車名といえば、やはり「ファミリア」だろう。1980年登場の5代目マツダ ファミリアは登場からの5年間で77万台以上を売り上げた

 マツダと言えば、このクルマなしに語ることはできない。現在も商用バンの名前としては残っているが、この名前は登録乗用車として残すべきだと思う。

 お気づきの方も多いだろう。まずは「ファミリア」から紹介していく。

 現在のマツダを作り上げた、黎明期からの屋台骨がファミリアだ。初代は1963年に登場。以降、マツダ小型車のスタンダードを走り続けてきた。中でも5代目は、登場からの5年間で77万台以上を販売する大ヒットとなる。

 ファミリアはスペイン語で「家族」の意味。マツダが思うクルマの使い方が、色濃く反映された名前であろう。家族そろってドライブに行くためのクルマ、それがファミリアである。

 さらにもう一台、マツダを70年代から支えるのがカペラだ。欧州市場も意識し、少し日本車とは離れた雰囲気をもっていて、それがまたカッコいい。

 カペラは、マツダ不遇の時代とも言える1990年代後半から2000年頃までの間、マツダブランドをしっかりと守り抜いた功労者だ。スターになるようにという願いから、ぎょしゃ座のα星の名前である「カペラ」と名付けられている。

 ファミリアもカペラも、名前通りに育った良いクルマだ。昭和のマツダは、キャッチーで耳馴染みのいい名前を、多く付けていた印象がある。

■マツダのひたむきさを表した2000年代の名車

マツダのミニバン代表といえば「プレマシー」。英語のSupremacyが車名の由来

 現在の日本市場には存在しないのが、マツダのミニバン。ただ、少しだけ時間を巻き戻すと、個性的なミニバンが数多く存在していた。

 そのマツダミニバン代表戦士とも言えるのが、プレマシー。車名の由来は、英語のSupremacyから。SUの部分を取り除くとPremacy(プレマシー)になる。単語の意味は、至上・至高性だ。

 ミニバンの頂へ到達したいという、マツダの思いが詰まっている名前だ。OEM提供も盛んで、初代はフォード・イクシオン、3代目は日産へ提供されラフェスタとして販売された。現在も作り続けていたら、本当にミニバンの頂点に君臨していたかもしれない。

 また、2000年代のマツダコンパクトモデルを支えてきたのが、ベリーサだ。車名は、イタリア語の「Verita(真実)」と、英語のSatisfaction(満足)を合わせた造語である。小さいクルマだが、その中は真の充足感で満たされているという意味だろう。

 ベリーサは、デミオ以上ファミリア未満の絶妙なサイズ感で、プレミアム・コンパクトを強く意識したクルマである。現在まで続く、マツダの上質路線は、ベリーサから始まったと言っても過言ではない。

2000年代のマツダコンパクトモデルを支えてきた「ベリーサ」

 常に世代の頂点、カテゴリーの頂点、そしてユーザー満足の頂点を目指したクルマづくりを反映した、思いの詰まった名前が目立つのが2000年代のマツダだ。

 当時のマツダは、愛されるクルマを作るべく、名前にも血が通っていた。車名からは、開発チームのクルマにかける思いが、ひしひしと伝わってくる。

 マツダの車名は、どこかオシャレでいてユーザーとの距離が近い。だからこそ、印象深く残り、一度聞くと忘れられなくなる。

 こんなにも良い名前ばかり付けられるのだから、クルマには現在の記号的な車名よりも、意味を持つオシャレな名前を付けてほしいものだ。

 良いクルマは、良い名前から生まれる。意味のある車名にすることで、マツダ車はさらに輝きを増すのではないだろうか。

【画像ギャラリー】名車とは「名のあるクルマ」だ!? マツダの歴史を支えてきた「いい名前」の名車たち(13枚)

投稿 ネーミングセンス抜群!! [ファミリア]に込められた想いがアツすぎ! 今のマツダ〇って寂しすぎない!?!? は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

フォルクスワーゲンにジェッタってあったな? ゴルフのセダン版? 消えたと思ったらまさかの進化を遂げていた!
フォルクスワーゲンにジェッタってあったな? ゴルフのセダン版? 消えたと思ったらまさかの進化を遂げていた!
ベストカーWeb
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
20年前にもう登場してたマツダ版[LBX]!! 小さな高級車[ベリーサ]今ならバカ売れ! 絶版コンパクトカーイッキ見
ベストカーWeb
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
超近未来デザインで話題沸騰[ビークロス]! 実はマツダもクロカンを販売!! 低迷のワケは?
ベストカーWeb
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
さらば庶民のディーゼル高級車!! [マツダ2]ディーゼル生産終了確定!! いつかまた復活してくれよな
ベストカーWeb
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
登場が20年の早かった[スカイラインクロスオーバー]!? 今こそ[ラシーン]復活求む! 絶版SUV3選
ベストカーWeb
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
登場すればバカ売れ!? 5ナンバーサイズの[S-FR]! 計画復活熱望のスポーツカー3選
ベストカーWeb
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
[ジムニー]の誕生秘話が予想外すぎ!! [シエラ]は今や大黒柱に! スズキのクロカン3選
ベストカーWeb
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
名車[ローレル]だって絶版……やっぱセダンは厳しい? ランサーの後継[ギャラン]は程よいスポーツだった
ベストカーWeb
登場から9年の[NDロードスター]未だ値上がり!! 改良で大幅進化も中古が値上がりするワケ
登場から9年の[NDロードスター]未だ値上がり!! 改良で大幅進化も中古が値上がりするワケ
ベストカーWeb
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
5ドア化が大ヒットの秘訣!? ブームの火付け役[パジェロ]! 三菱のクロカン4選
5ドア化が大ヒットの秘訣!? ブームの火付け役[パジェロ]! 三菱のクロカン4選
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】広さの追求から解き放たれた個性際立つ上質ミニカー[スバルR2]
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】広さの追求から解き放たれた個性際立つ上質ミニカー[スバルR2]
ベストカーWeb
ハッチバック消滅も近いかも!? 1代限りの[レクサスCT]は超便利だったのに! 絶版ハッチバックイッキ見
ハッチバック消滅も近いかも!? 1代限りの[レクサスCT]は超便利だったのに! 絶版ハッチバックイッキ見
ベストカーWeb
チラ見せ憎いね!!! これが「次期bB」かトヨタKAYOIBAKOのうまい演出と期待
チラ見せ憎いね!!! これが「次期bB」かトヨタKAYOIBAKOのうまい演出と期待
ベストカーWeb
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
マツダ[新作スポーツ]アイコニックSPはロータリー搭載に!? マツダが考える自動車の未来とは?
ベストカーWeb
マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
マジで純正なの!? スープラにもGT-Rにも付いている巨大すぎる衝撃のリアウイング!
ベストカーWeb
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
今や新車の4割が軽!? スーパーハイトワゴンが鬼のブームに!! なのに[ウェイク]が1代で消えたワケ
ベストカーWeb

みんなのコメント

29件
  • 孟宗竹なら布里井ダム
    マツダファミリア→マツダ323、マツダカペラ→マツダ626

    EU圏では数字が車名はポピュラーですし、今日本国内のマツダ車が数字になっているのは車名の統一する為のものだからね。
    マツダRX-7、マツダMX-5等々からも分かるように開発コードそのものを車名にするのはマツダらしさですから、世界的には日本の車名の方が珍しいと思われてます。
    ファミリア、カペラ、コスモ、ルーチェも良い車名だから復活してもいいと思いますよね。
  • yuz********
    シンプルで良いとは思うが
    CX系に一桁と二桁があるのはなんだか嫌だ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

97.0173.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

91.0198.0万円

中古車を検索
ファミリアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

97.0173.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

91.0198.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村