サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「R35GT-Rは1000馬力が当たり前なんです!」NOSで排気量アップと同等のトルク特性を表現!!

ここから本文です

オーナードライブで富士1分48秒台の快速仕様

NOSはコストパフォーマンス重視の選択!?

「86&BRZチューニング新時代」450馬力対応のポン付けミッションが58万円で登場!!

今回ピックアップするのは、最高速からゼロヨンまで幅広く対応する老舗ショップ“ガレージ八幡”が手がけた、サーキット仕様のR35GT-Rユーザーカーだ。

美しいトラスト製サージタンクが特徴の心臓部は、HKS鍛造ピストンやコンロッド、ハイカムを組み込んで強化された3.8L仕様だ。これにGT1000タービンを装着、ブースト圧は1.3キロとあえて控えめにすることで、アクセルを積極的に踏み込めるようにしている。最高出力は1000psだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ