サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > 空冷4気筒CBは生産終了へ ホンダ「CB1100」シリーズにファイナルエディション登場

ここから本文です
 本田技研工業(ホンダ)は2021年10月8日、大型ロードスポーツモデル「CB1100」シリーズの最終モデル「CB1100 EX Final Edition」「CB1100 RS Final Edition」を発表しました。

 CB1100シリーズは2010年に登場し、現行ラインアップでは空冷直列4気筒エンジンを搭載する最後のネイキッドバイク。排ガス規制強化などによって空冷エンジンを採用するバイクが減少する中、CB1100シリーズも今回の「ファイナルエディション」をもって、国内販売向けの生産終了が決まりました。

おすすめのニュース

サイトトップへ