サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スズキ イグニスが改良。グリルを5スロットタイプにするなどSUV色を強めたグレードが追加

ここから本文です

スズキ イグニスが改良。グリルを5スロットタイプにするなどSUV色を強めたグレードが追加

スズキは4日、コンパクトクロスオーバー「イグニス」に改良を施し、同日販売を開始した。今回の改良ではデザインの部分変更のほか、装備の充実、さらにSUV色を強めた新グレードが追加された。

デザインについては、ハイブリッドMG、ハイブリッドMX、ハイブリッドMZでは、フロントグリルが従来のメッシュを基調に水平ラインが入ったデザインから、同社のSUV「エスクード」のようなスロット入りのタイプに変更された。また、リアバンパーはボディ同色タイプとなり、スタイリッシュさが強められた。

インテリアについてもシート表皮やメーター盤面のデザインが変更されたほか、アクセントカラーに新色のブルーとガンメタリックが設定された。

装備については、夜間降車時およびリモコンキーによるドアロック解錠時に、ヘッドランプが一定時間点灯し、周囲を照らす機能が追加された。また従来は4WD車のみだった助手席シートヒーターが全車に標準装備となったほか、細かなところでは助手席シートサイドポケットが採用(ハイブリッド MGを除く)された。

今回の改良を機に設定された新グレード「ハイブリッドMF」は、専用エクステリアの採用により、SUVテイストが高められているのが特徴。具体的には、スキッドプレート調のデザインを取り入れたフロントバンパーや、部分的にシルバー塗装を施したリヤバンパー、ルーフレール、フェンダーアーチモール、サイドアンダーモールが採用される。

インテリアには、高級感を感じさせるレザー調のシート表皮を採用するほか、アクセントカラーにはカーキとガンメタリックの2色が設定される。加えて、リアシート背面とラゲッジボードに汚れを拭き取りやすい防汚タイプの素材が採用され、汚れた荷物もラゲッジルームに積載しやすいようになっている。

イグニスの価格は、152万2400円から197万5600円まで。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します