サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ スープラ 新型を750馬力に、80風の大型リアウイングも装着…シカゴモーターショー2020に出展へ

ここから本文です

トヨタ スープラ 新型を750馬力に、80風の大型リアウイングも装着…シカゴモーターショー2020に出展へ

トヨタ自動車の米国部門は2月3日、米国で2月6日に開幕するシカゴモーターショー2020に、トヨタ『GRスープラ・ハイパーブースト・エディション』(Toyota GR Supra Hyper Boost Edition)を出展すると発表した。

同車は、NASCARなどの自動車レースアナリストとして知られ、自身でも4代目『スープラ』(先代の80型)を2台所有するスープラファンのラトリッジ・ウッド氏が中心となり、カスタマイズを施した1台だ。

3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンは、ギャレット製の「GTX3582R」ターボチャージャーに交換された。さらに、チタン製のエグゾーストシステムも装着するなどのチューニングを受けた。これにより、最大出力750hp以上を引き出す。

足回りには、フロント285/30R20、リア335/25R20サイズのコンチネンタル「エクストリーム・コンタクト・スポーツ」タイヤと、ライトスピードレーシング製のカスタムホイールを組み合わせた。KW製のサスペンションは、車高が調整できる。ブレーキは、ブレンボ製を装着して強化した。

エクステリアには、カーボンファイバー製のボディキットが開発された。20のパーツで構成されるカーボンファイバー製ボディキットは、純正部品のようにボルトオン装着できるのが特長だ。中でも、リアウイングは、先代の80スープラを思わせる大型デザインとした。軽量化のために、ルーフもカーボンファイバーに交換している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します