サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2022年スーパー耐久、大会数増加に伴い一部大会で不参加クラスを設定

ここから本文です

 スーパー耐久機構(STO)は2月28日、既に発表されていた2022年シーズンの年間スケジュールについて、一部大会で不参加クラスを設けることを明らかにした。

 既報の通り、2022年のスーパー耐久は前年よりも1大会多い7大会で行なわれる。これについてSTOは「各サーキットの限られたピット数の中で、より多くの参加台数を受け入れていくため」としている。

■【特集】レース界で大きな一歩踏み出した「夢の燃料」“水素”。一方で残された普及に向けての課題

 ただ、サーキットによってはピット数による給油方法等の課題があるため、7大会中5大会は不参加クラスを設け、参加台数を調整する運びとなった。

 具体的には、開幕鈴鹿ラウンドではST-4クラスが不参加に。

おすすめのニュース

サイトトップへ