サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ アクアの注目の純正アクセサリーとは!?

ここから本文です

トヨタ アクアの注目の純正アクセサリーとは!?

コンパクトカーのアクアは、「プリウスC」という車名で北米などで販売されていることからもわかるように、プリウスやプリウスαなどと同様に、ハイブリッド専用車として登場したモデルです。ただし、プリウスとはプラットフォームなどとの共通点はなく、コンパクトカーのヴィッツのプラットフォームが使われています。アクアが登場した際は、ハイブリッドモデルのラインナップが少なかったこともあり、連続して新車登録台数ランキングでトップとなるなど、人気を集めました。ところが最近では、競合となるヴィッツ(ヤリス)やシエンタ、カローラシリーズなどにもハイブリッドモデルが設定されているため、これらのモデルが新車登録台数ランキングでアクアよりも上位を占めています。そうは言ってもアクアは、ハイブリッド専用車ならではのパッケージングや定期的なデザイン変更と仕様変更を受け、2019年の乗用車ブランド通称名別新車販売台数ランキングで小型車部門として5位に食い込む実力派モデルなのです。そこで今回は、ロングセラーで人気モデルのアクアのオプション、モデリスタとTRDの純正アクセサリーの中から注目のアイテムをご紹介いたします。文・YOKOHAMA

モデリスタ・インテリアパネルセット

ダイハツ トールの注目の純正アクセサリーとは!?

インテリアカスタマイズの定番アイテムであるインテリアパネルは、装着するだけでインテリアの雰囲気をガラリと変えてくれます。ダークブラウンの茶木目調とシルバーのヘアライン調の2タイプが用意されており、自分のスタイルに合わせて選ぶことができます。

なお、パネルのセット内容は、運転席と助手席のドアハンドル部と、助手席前のパネル部の3点セットとなっており、装着することでインテリア全体をワンランク上に演出できそうです。

モデリスタ・シフトベースフィニッシャー(メッキ)

シフトゲート周りをキラリと飾ってくれるのが、「シフトベースフィニッシャー(メッキ)」です。シフトノブ下部のメッキ加飾とマッチして、普段目立たないシフトノブ周りに華やかさと高級感を与えてくれます。

TRD・ドアスタビライザー

手軽にボディ剛性を高めて、走りを改善したい人におススメなのが、この「ドアスタビライザー&ブレースセット」です。フロントドアに装着するドアスタビライザーに加え、スライドドア下にブレースを装着することで、ボディの剛性を高め、ステアリング操作時の車両反応を向上することができ、よりクイックな走りを楽しめます。

TRDスポルティーボサスペンションセット

ノーマルとは一味違ったスポーティでキビキビした走りを実現してくれるのが、「TRDスポルティーボサスペンションセット」です。
メーカーワークスを手掛けるTRDがチューニングしたこのサスペンションは、専用開発のショックアブソーバーセットとコイルスプリングを組み合わせることで、運動性能向上に加えて、快適な乗り心地を高次元で両立したスポーツサスペンションとなっています。
また、装着することで、車高が約10mmダウンし、見た目もよりスタイリッシュな雰囲気に仕上げることができます。

TRD・ハイレスポンスマフラーVer.S

リヤスタイルをスポーティに仕上げ、スポーティなドライブを演出してくれるのが「ハイレスポンスマフラーVer.S」です。スチール製と比べ、サビの腐食に強い軽量なステンレス素材が採用されており、ステンレスならではの見た目の輝きが魅力的です。
また、エグゾーストパイプ部がφ45、出口バッフル部がφ70となっており、レーシーなスタイルも演出してくれます。なお、モデリスタからは、スクエアデュアルタイプのマフラーカッター (90mm×50mm)もラインナップされているので、スタイル重視の人はマフラーカッターもおススメです。

TRD・エアロパーツ

TRDからは、スターレットなどで一世を風靡したホットハッチをイメージしたエアロパーツが登場しています。フロントセクションでは、“男顔”のアクアを目指したという、ロングノーズ&スパルタンな表情に変えるインパクトのあるフェイスマスクが用意されています。
そのほか、縦にLEDが配されたフォグランプガーニッシュ、トヨタエンブレムを取り外して装着するフロントバンパーガーニッシュがラインナップ。
サイドセクションでは、約25mm地上高がダウンし、サイドプロポーションをスポーティに仕上げるサイドスカートのほか、フロントフェンダーにアクセントを加えるTRDのロゴが入ったフロントフェンダーガーニッシュも設定され、TRDらしいレーシーな アクアを演出することができます。

リアセクションでは、トヨタエンブレムを覆うようにワイパー下部に装着するテールゲートスポイラーに加えリヤバンパースポイラーがラインナップされています。
なおフロントスポイラー・サイドスカート・リヤバンパースポイラーには、車両全体を囲むようなガードバーをイメージさせるメッキモールが配されています。これらは、外周を直線的に囲むことで、工業機械らしい無骨さを演出するほか、低重心感とさらなるワイド&ローを印象付けるアクセントパーツとしても効果を発揮しています。

モデリスタ・エアロキット

よりクールで洗練したスタイルに仕上げてくれるこのエアロキットには、フロントスポイラー・サイドスカート・リヤスパッツが用意されています。フロントスポイラーの下部には、つや消しのシルバー塗装が施されており、エッジの効いた立体的なデザインが存在感のあるスタイリッシュなフロントスタイルを演出してくれます。
また、フロントスポイラーとつながるドア下部に装着するサイドスカート、リヤバンパーサイドに装着するリヤスパッツもエッジの効いたシャープなラインがクールな印象を高めてくれます。

モデリスタ・クロススタイルキット

クロスオーバーSUVテイストあふれるデザインが採用された“Crossover”グレードにさらに個性的なアクセントを加えてくれるのがクロススタイルキットです。バンパー部分に装着するフロントグリルガーニッシュは、バンパーフェイスをより押し出し感のあるパワフルな印象を高めてくれるアイテムです。
また、ドア下部に装着するサイドプロテクターは、ブラックアウトされたサイドスカートと相まって、よりどっしりとして、存在感のあるサイドビューを演出してくれます。

モデリスタ・コンプリートカー「リルヴィー」

モデリスタからは、“私らしさをたいせつにするクルマ”というキャッチフレーズがつけられたコンプリートカー「リルヴィー」も用意されています。フロントセクションではフロントグリルガーニッシュとヘッドライトガーニッシュのほか、ミラーカバーや専用エンブレムを装備し、ノーマルモデルと一味違ったスタイルを演出しています。

リヤセクションでは、バックドアとリヤスポイラーが採用され、各所に取り入れられたブラックマイカのパーツが、私だけの特別な一台をわかりやすく表現しています。

併せて、キルティングとコントロールパーフォレーションを採用した専用合皮シートに加え、運転席・助手席のシートヒーター、IR(赤外線)カット機能付きフロントドアグリーンガラスや運転席エアコン吹き出し口からお肌や髪にやさしい、水に包まれた弱酸性の「ナノイー」を放出する機能など、女性に喜ばれる装備が盛り込まれています。

アクアは、同じコンパクトカーのヴィッツ(ヤリス)が出た際にハイブリッドモデルがあることから、次期モデルはないのではという噂があったり、その逆に2021年に2代目が登場するのではないかという噂があったりします。
いずれにしても、すぐにモデルチェンジすることはなく、まだまだ現行モデルが継続販売されることは間違いないので、モデル末期となって熟成されたアクアにひと手間加えて、自分らしいアクアを作ってみてはどうでしょうか。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します