サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > スズキ「GSX-R125 ABS」がマイナーチェンジ フルカウル軽量スリムな原付二種スポーツは2020年2月27日より発売

ここから本文です

■軽量スリムな6速マニュアルの原付二種フルカウルスポーツ

 スズキ「GSX-R」シリーズの最小排気量モデル「GSX-R125 ABS」が、カラーリング変更や装備追加などマイナーチェンジし、2020年2月27日より発売されます。価格や諸元に変更はありません。

没後30年 松田優作という稀有な才能が乗るにふさわしいスズキ「GSX-R1100」

 2018年1月に新登場となった「GSX-R125 ABS」は、先に登場した「GSX-S125 ABS」と車体構成を共通としながら「GSX-R」シリーズを踏襲したフルカウル、縦2灯式のLEDヘッドライトを装備し、セパレートハンドルによるスポーティーなライディングポジションとしています。

おすすめのニュース

サイトトップへ