サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 古河ユニック、完全電動仕様のミニ・クローラクレーン新モデル発売 地下や屋内で作業可能 AGMバッテリーでメンテ性が大幅向上 

ここから本文です
 古河ユニック(山川賢司社長、東京都千代田区)は、メンテナンスフリーのAGMバッテリーを新たに搭載した完全電動仕様ミニ・クローラクレーン「URW295CB3RA」を開発し、発売した。“ゼロ・エミッションクレーン”をコンセプトに、排ガス規制がある地下や屋内のほか、外部電源の取得が困難な現場などで自走によるクレーン作業を可能にしたバッテリー式のミニ・クローラクレーンの新型モデル。

 バッテリーには電解液をスポンジ状のガラスマットに浸み込ませたAGMバッテリーを採用した。

おすすめのニュース

サイトトップへ