サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】ルーキーの好走で歓喜に沸くも、再車検不合格に。幻のPPとなった10号車GAINERに何があったのか

ここから本文です

 鈴鹿サーキットで行なわれたスーパーGT第3戦。GT300クラスの予選では、10号車TANAX GAINER GT-Rを駆るルーキーの大草りきが好走。彼がQ2で記録した1分56秒552を上回る者は現れず、大草とQ1を担当した富田竜一郎はピットロードで喜びを分かち合い、ポールポジション記者会見にも出席した。

 しかし、そんな10号車にまさかの展開が。予選後の再車検で最低地上高が足りないことが発覚し、再車検不合格・予選タイム抹消という裁定が下ったのだ。

■10号車GAINERの大草がトップタイムも、まさかの再車検不合格。7号車BMWがPP|スーパーGT第3戦鈴鹿:GT300予選

 これによりポールは7号車Studie BMW M4に転がり込んだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン