サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1田辺TD予選後会見:僅差でポールを逃し「かなり厳しい戦い」角田にはアグレッシブな走りを期待

ここから本文です
 予選直前のフリー走行3回目でトップタイム、予選Q2でもメルセデス2台に0.2秒差をつけて最速タイムを叩き出すなど、好調な仕上がりを見せたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)。しかしQ3ではルイス・ハミルトン(メルセデス)に0.036秒及ばず、惜しくも2021年F1第4戦スペインGPのポールポジションを逃した。

 一方セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)は「この日は一度もいいラップを走れなかった」という不調で8番手。ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)はQ2落ちを喫し、昨年の第15戦バーレーンGPから達成し続けてきたQ3進出記録も6で途絶えることになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン