サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【V8→4気筒ハイブリッドの衝撃】新型メルセデスAMG C 63、それでも500ps以上 試作車を発見 2022年発売

ここから本文です

【V8→4気筒ハイブリッドの衝撃】新型メルセデスAMG C 63、それでも500ps以上 試作車を発見 2022年発売

プロトタイプを初めて目撃

text:Greg Kable(グレッグ・ケーブル)

【画像】メルセデスAMG C 63【プロトタイプと現行モデルを写真で比較】 全103枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

新型メルセデスAMG C 63のプロトタイプがテスト走行を行っている様子が目撃された。

第3世代となる次期モデルでは、長年愛されてきたV8エンジンを下ろし、500ps以上を発揮する先進的な4気筒ハイブリッドを搭載。現代の需要に適応していくというメッセージを発信している。

新型C 63は、メルセデスの新型2.0Lターボエンジン「M139」の電動化バージョンを搭載することが決まっている。2022年初頭の発売時点では、このエンジンを搭載する最初のAMGモデルとなる。

アウディRS4やBMW M3のライバルとなるC 63は、ドイツ・アファルターバッハにあるAMGのエンジニアリング本部で開発が進められている。

今回初めて目撃されたプロトタイプは、カモフラージュが施されているものの、最近改良を受けたEクラスと近いスタイリングが確認できた。エンジンのダウンサイジングは行っても、アグレッシブなスタイリングをトーンダウンさせるつもりはないようだ。

この強力な4気筒エンジンは、新型A 45をはじめとする各モデル(非電動)で最高出力421ps、最大トルク51.0kg-mを発揮する。

縦置き用に設計されており、マイルド・ハイブリッドの電動ブーストも搭載可能だ。このユニットは、次期C 63だけでなく、現在の3.0L V6ターボエンジン搭載のC 43の後続モデルにも使用されることになっている。

新型C 63はセダン、クーペ、コンバーチブルの3種類のボディスタイルが用意され、次期C 43ではこれら3種類に加えてワゴンタイプが登場することになるだろう。

同じ電動パワートレインを搭載するAMGモデルとしては、GLC 43とGLC 63の後継モデル、GLC 43クーペとGLC 63 クーペが挙げられる。

AUTOCARは、M139エンジンには、CLS 53 4マティックなど最近の新型AMGモデルに搭載されている3.0L直列6気筒ターボ「M256」と同様の48Vスターターモーターが採用されると考えている。

CLS 53 4マティック+では、トランスミッションに搭載されたスターターモーターが22psと25.4kg-mを追加する電動ブーストを実現している。しかし、次期C 63では大幅にパワーアップするようにチューニングされる予定だ。

また、トランスミッションは9速トルクコンバーターMCTスピードシフトの採用が予定されている。

環境に配慮したエンジニアリング

現時点では公式な発表は何もないが、AMGのニューモデル計画に詳しいアファルターバッハの関係者によると、新開発の4気筒ハイブリッドシステムは最大510psを発揮し、現行モデルのV8エンジンに匹敵するものになるという。排気量と気筒数が半減しているにもかかわらずだ。

また、電動ブーストの恩恵を受けて、最大76.4kg-mのトルクを発揮すると考えられており、これは現行モデルより5.1kg-m増加している。

詳細はまだ不明だが、CLS 53 4マティック+に搭載されている0.9kWhよりも大容量のリチウムイオンバッテリーが採用されると考えられている。また、各車輪で運動エネルギーを回収する、より高度なエネルギー回収システムの採用も期待されている。

新しい電動パワートレインを採用した最大のメリットは、新型C 63 4マティックよりもフロントアクスルが軽量化されていることだ。

160.5kgのM139 4気筒ユニットは、現行のC 63 4マティックに搭載されているM177 V8エンジンより48.5kgも軽量化されている。電気モーターやパワーエレクトロニクスなどのハイブリッドシステムを追加しても、全体の重量は現行ユニットを下回るという。

また、パワートレインの低重心化により、俊敏性とボディコントロール性の向上も期待できる。

フロントとリアのパワー配分を完全に調整できる新しいAWDシステムが採用されることで、E 63と同様に特定の走行モードで後輪駆動が可能となる。

AMGのトビアス・ムアース最高経営責任者(CEO)は今年初め、AUTOCARに対し、AWDを求める顧客の要望を受けて後輪駆動モデルから脱却し、すべての次世代モデルにこのシステムを採用すると語った。

C 63 4マティックに4気筒エンジンを搭載するという決定は、ハイパーカーのAMGワンの開発で培ったエンジニアリングの教訓を生かしながら、CO2排出量を削減するために拡大している取り組みの一環として行われたものだという。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します