サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ、レクサスの新型「LX」発売 14年ぶりフルモデルチェンジ プラットフォームやパワートレイン一新 1250万円から

ここから本文です
 トヨタ自動車は12日、レクサスの新型「LX」を14年ぶりに全面改良して発売した。プラットフォームやパワートレインを刷新し、快適性や悪路走破性を一段と高めた。月販120台を計画する。

 LXは北米で1996年、日本でも2015年に導入し、これまでに世界約50カ国・地域で累計51万台を販売した。新型車は「GA―Fプラットフォーム」を採用してラダーフレームを刷新。ボンネットとルーフ、全ドアパネルをアルミ化したり、厚板と薄板の鋼板をレーザー溶接し、プレス成形する世界初の工法を採用するなどして従来型と比べ約200キログラムの軽量化と低重心化を図った。

おすすめのニュース

サイトトップへ