サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 苦戦ベッテル、ソフトタイヤでのスタートを選択「他と異なる戦略でチャンスを見いだしたい」フェラーリF1

ここから本文です
 2019年F1アブダビGPの土曜予選で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは5番手(1分35秒339)だった。バルテリ・ボッタスのペナルティにより、ベッテルは繰り上がり、4番グリッドからスタートする予定。

 チームメイトのシャルル・ルクレールはミディアムタイヤでのスタートとなるが、ベッテルはソフトを選んだ。フェラーリF1チーム代表マッティア・ビノットは「スタートタイヤの選択は難しく、決勝でチャンスをつかむために2台で異なる戦略を採ることにした」と説明している。予選トップ6のドライバーでソフトタイヤを選択したのはベッテルのみだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ