サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「国産チューンドに負けてたまるか!」魔改造C6コルベットが筑波タイムアタック戦線に殴り込み

ここから本文です

前後重量配分にまで拘った超軽量仕様!

7000ccもの排気量が低回転域から怒涛のトルクを発揮

「国産チューンドに負けてたまるか!」魔改造C6コルベットが筑波タイムアタック戦線に殴り込み

筑波サーキットで開催された“Attack筑波2021”の会場で、独特の存在感を放っていたのがこのコルベット。ベースはC6型のハイパフォーマンスモデル『Z06』。軽量化を軸にモディファイを進め、純然たるサーキットスペックとして仕上げられたチューンドだ。

エンジンは7.0L・V8のLS7。各部のバランス取りを行ない高い精度で組み上げ、純正ECU書き換えにて制御を行う。パワーは実測で560ps/62kgmというスペックだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン