サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スズキがトヨタから欧州初のOEM、『アクロス』は RAV4 PHV ベース 11月発売

ここから本文です

スズキがトヨタから欧州初のOEM、『アクロス』は RAV4 PHV ベース 11月発売

スズキの欧州部門は10月20日、新型SUVの『アクロス』(Suzuki ACROSS)を11月、欧州市場で発売すると発表した。トヨタ『RAV4 PHV』ベースのOEMとなる。

スズキとトヨタは2017年2月、業務提携に向けた覚書を締結した。両車の業務提携の内容のひとつが、トヨタの電動化技術や電動車のスズキへの供給と、スズキの強みである小型車や小型パワートレインのトヨタへの供給だ。

両社の業務提携の具体的成果として、欧州市場でトヨタはRAV4 PHVをスズキにOEM供給し、スズキはアクロスの車名で、欧州市場で販売する。トヨタからスズキへのOEM供給は、欧州ではアクロスが初めてとなる。

◆PHVシステム全体のパワーは306hp

アクロスのPHVパワートレインは、直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンに、2つのモーターを組み合わせたものだ。2.5リットルの「ダイナミックフォース」エンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジーにより、優れた動力性能や低燃費を追求した。

直噴2.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンは、最大出力185hp、最大トルク23.1kgmを発生する。モーターはフロント側が最大出力182hp、最大トルク27.5kgm、リア側が最大出力54hp、最大トルク12.3kgm。エンジンとモーターを合わせたPHVシステム全体で、306hpのパワーを引き出す。

駆動方式は、電気式4WDシステムの「E-Four」とした。最新のE-Fourは、トヨタのAWD-iインテリジェント電動4WDシステムだ。電気で駆動する後輪の最大トルクを、増やしたのが特長。走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採り入れ、高い走破性と優れた操縦安定性を追求した。前後のトルク配分は、100対0から20対80の範囲で変化する。

◆燃費は99.8km/リットル

強力なPHVパワートレインを得たアクロスは、0~100km/h加速を6秒で駆け抜ける。最高速は180km/h。EVモード、自動EV/ハイブリッドモード、ハイブリッドモード、バッテリー充電モードの合計で4種類の走行モードが切り替えられる。

また、トレイルモードでは、滑りやすい路面で優れたグリップと制御を可能にするオートLSDコントロール機能が作動する。このシステムは、グリップを失い始めた車輪にブレーキをかけ、グリップを維持している車輪にトルクを振り向ける。この機能は、スロットルとトランスミッションのシフトパターンも調整して、車両を走行させる。

二次電池は、蓄電容量18.1kWhのリチウムイオンバッテリーだ。このバッテリーを床下に搭載することにより、室内空間を確保した。また、低重心化により走行安定性の向上にも貢献するという。

EVモードでは、最大75kmをゼロエミッション走行できる。この効果で、欧州での環境性能は、複合モード燃費が99.8km/リットル、CO2排出量が22g/km(いずれもWLTP計測モード)を可能にしている。

◆専用デザインのフロントマスク

アクロスのエクステリアは、RAV4 PHVとは一部のデザインを変更している。フロントマスクは、グリルが大型化された。ヘッドライトもスリムな専用デザインとし、フロントマスクの中央には、スズキの「S」マークが添えられる。バンパー下には、シルバーのガーニッシュが装着された。

足元には、19インチのグロスブラックコーティング+ポリッシュ仕上げホイールと235/55R19サイズの大径タイヤを装着した。ボディカラーは全6色で、ホワイトパールクリスタルシャインをはじめ、シルバー、ブラック、レッド、グレー、ダークブルーが設定される。

インテリアには、大型9インチタッチスクリーンディスプレイを採用する。このタッチスクリーンディスプレイは、Apple 「CarPlay」やグーグルの「Android Auto」と連携している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します