サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ENEOS、原油処理装置の一部を廃止…電動シフトに備え

ここから本文です
ENEOS(エネオス)は1月14日、根岸製油所(神奈川県横浜市磯子区)の原油処理装置の一部と潤滑油製造装置を、2022年10月を目途に廃止し、石油製品の生産・供給体制を再構築すると発表した。

国内の石油需要は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大の影響や、低燃費車の普及によって減少しているほか、電動シフトによって今後も需要減少は避けらなない。アジアを中心とした国際競争も激化している。このため、石油生産能力を削減して、経営効率化を図る。

おすすめのニュース

サイトトップへ