サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラウン、マークX…覆面パトカーは他にどんなモデルが存在するのか? 主な車種をまとめてみた

ここから本文です

クラウン、マークX…覆面パトカーは他にどんなモデルが存在するのか? 主な車種をまとめてみた

高速道路で背後に付かれると思わず焦ってしまうのが覆面パトカー。制限速度で走行していても、反射的に緊張するという人が多いのではないだろうか。では、どんな車種が覆面パトカーに採用されているのだろうか。現役覆面パトカーの主な車種をまとめてみた。

まず、高速道路などでの交通取り締まり用覆面パトカーについて。こちらは、違反車両を追いかけるという業務の性質上、ある程度のパワーを持った車両が選定される。もっとも多く見かけるのは「トヨタ クラウン」で、2018年にデビューした現行220系クラウンはすでにパトカー版が登場しているから、覆面版が街に溢れるのも時間の問題だろう。すでに目撃情報も出始めている。エンジンは2.0Lターボ(245PS)が選定されるようだ。

>>トヨタ クラウンのおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

「トヨタ マークX」も都内では頻繁に登場する。こちらは2009年デビューとやや古いが、モデリスタがスーパーチャージャーで武装した3.5L V6(360PS)を搭載しているようだから要注意。また、先代「スバル WRX S4」のブルーの覆面パトカーが関東地方で導入されているとの情報もある。2014年にデビューしたベースモデルのエンジンは伝統の2.0Lボクサーで300psを発生するから、追いかけられたらひとたまりもない。

さらに、最近では2017年デビューの現行「トヨタ カムリTRDエアロ仕様」(2.5L直4・211PS)が都内に登場した模様。このように、交通取り締まり用覆面パトカーは、やはり走りを意識したベース車の選定になっているようだ。過去には11代目「スカイライン」や5代目「レガシィB4」なども存在したが、最近は見る機会が少なくなってきたように思う。

一方、交通取り締まり用以外にも個性的な覆面パトカーが存在する。例えば、サンルーフからペイントボールを発射して暴走族を取り締まるE52系「日産 エルグランド」はミニバンならではの車高が評価された模様。また、捜査用の車両には「スズキ キザシ」、「トヨタ アリオン」などパワーもデザインも大人しい車種が選ばれているようだが、最近ではレア車過ぎて逆に目立つかもしれない。

最後に変わり種としては要人警護用の覆面車両には「メルセデス S600」や「レクサス LS」、「トヨタ センチュリー」など錚々たる高級車が存在するから、こちらも要注目だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら