サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > バンドーン、アタックモードのミスでフォーミュラE開幕戦の勝利を逃し落胆「全責任は自分にある」

ここから本文です

 フォーミュラEの開幕戦ディルイーヤePrixの決勝レースで、アタックモードに入りそこねたストフェル・バンドーン(メルセデス)は、自身が犯したミスを認めた。

 ポールポジションから力強いスタートを切ったバンドーンは、序盤から前年度王者でチームメイトのニック・デ・フリーズを従える力強い走りを見せていた。

■フォーミュラE開幕戦:デ・フリーズ優勝、メルセデスがワンツー

 その後、マヒンドラのオリバー・ローランドがロビン・フラインス(エンビジョン)とのバトルの末にクラッシュし、セーフティーカーが出動。バンドーンは、再スタート後もデ・フリーズの前を維持した。

おすすめのニュース

サイトトップへ