サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > その乗り味は円熟の領域へ! マツダCX-5改良モデル試乗

ここから本文です

 2020年12月、マツダの中核モデル、CX-5が2019年12月以来約1年ぶりとなる改良を受けた。2.2Lディーゼルエンジンの出力向上、ガソリンエンジンも制御が変更されるなど、テーマとしている「走る歓び」の進化が図られている。

 2017年12月のフルモデルチェンジから4年。円熟と表現して差し支えないであろうその進化の度合いについて、特別仕様車「Black Tone Edition(ブラックトーンエディション)」とともにご紹介。

R34GT-R! RX-7!! ジムニー!!!? プロが選ぶ 人生一度は乗りたい「夢とロマンの詰まったクルマ」16選

●改良されたCX-5、ココがスゴい!
・SKYACTIV-D 2.2がパワーアップ。190ps→200psに。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン