サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2021年F1アブダビの”一件”、マシの解任では解決せず。オペレーション構造の改善が必要

ここから本文です

 FIAは1月13日に、昨年のF1アブダビGP終盤のセーフティカー運用手順に関する調査の途中経過を発表した。この発表によれば、今後は諮問委員会や全F1ドライバーとも議論が行なわれる予定であるものの、最終的な分析結果は2月にF1委員会に提出され、3月18日に行なわれる世界モータースポーツ評議会(WMSC)で承認され、発表される予定であるとされている。

 つまり、2022年のF1開幕戦バーレーンGPの直前にならなければ、最終的な結果はわからないままになる可能性がある。

■物議醸した2021年F1最終戦、FIAが調査プロセスを公表。最終結論は3月バーレーン初日に公開

 ただ、最終的な調査結果を待たずに、明らかになる部分もあるかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン