サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【シルエットクイズ】このクルマなに!? 木曜日は「SUV編」

ここから本文です

【シルエットクイズ】このクルマなに!? 木曜日は「SUV編」

ちょっとした気分転換や暇つぶしに簡単なシルエットクイズはいかがですか? 3枚のヒント写真からこのクルマは何か当ててみてください! 木曜日の今回は「SUV編」です! これが分かったあなたは中々のクルマ好き!

ヒント1

希少な5ナンバーステーションワゴン、ホンダ シャトル! 広い室内と優しい価格はファミリー層にうってつけだ

1枚目のヒントは運転席周りの写真です。

ポップな丸型のメーターや、エアコンの吹き出し口が特徴的です。

ヒント2

2枚目のヒントはフロント周りの写真です。

特徴的な吊り目顔ですね。

ヒント3

3枚目のヒントは真横から見た外観のシルエットです。

さあ一体このクルマは何でしょう?

正解は…!?

ということで、正解はホンダ エレメントでした!

エレメントはビーチにあるライフガード・ステーション(ライブセイバーの監視台)をモチーフに、角ばったボディにバンパーやフェンダー、サイドシルには無塗装の樹脂を備えた外観デザインが特徴的。

また、ドアにはマツダ RX-8やトヨタ FJクルーザーのようにセンターピラーレス構造の両側観音開きドアが採用されています。

元々、アメリカのアクティブな若者(16歳~24歳あたり)向けに開発・生産されたモデルで、個性的なデザインや使い勝手の良さが人気を博し、アメリカでは2002年12月~2010年12月まで生産されるなど、アメリカで息の長いモデルでした。

しかし、今でこそ人気カテゴリーのSUVですが、当時の日本での売れ行きは今ひとつで、国内での販売期間は約2年と短いものでした。最近では「今の時代に登場していれば人気の1台となっていたかもしれない」と言われるように、世に登場するのが早すぎたと悔やまれる1台です。

気分転換や暇つぶしにシルエットクイズ

いかがでしたか? 木曜日の今回は「SUV編」をお届けしました!

明日、金曜日は「スポーツカー編」をお届け予定。お楽しみに!

[筆者:MOTA編集部]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します