サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 車いすユーザーが移動できるルート、表示の精度を向上…空港アクセスナビ

ここから本文です
全日本空輸(ANA)、WheeLog、ゼンリン、ゼンリンデータコムは5月23日、「バリアフリー地図/ナビ」機能で活用されている車いすの移動履歴と、ゼンリングループが保有する地図データをマッチング処理し、車いすユーザーが移動できるルート表示の精度を向上したと発表した。

今回の取り組みは、車いすユーザーが快適にストレスなく移動可能なバリアフリールートナビを実現する一環。ANAが運用する経路検索サービス「空港アクセスナビ」の「バリアフリー地図/ナビ」機能に活用されている車いすユーザーの移動履歴と、地図データをマッチング処理して、バリアフリールートを地図上で表現する。

おすすめのニュース

サイトトップへ