サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初のF1サウジアラビアGP、ラップ後半にDRSゾーンが連続して3カ所設定

ここから本文です
 初のF1サウジアラビアGPのために建設された市街地コース、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットには3カ所のDRSゾーンが設定される。

 27のコーナーを備えた6.174kmのサーキットで、今週末、初のレースが開催される。オーバーテイクを促進するためのDRS(ドラッグリダクションシステム)使用に関しては、ディテクションポイント、アクティベーションポイントともに3カ所設置されることが決まった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ