サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 初のF1サウジアラビアGP、ラップ後半にDRSゾーンが連続して3カ所設定

ここから本文です

初のF1サウジアラビアGP、ラップ後半にDRSゾーンが連続して3カ所設定

初のF1サウジアラビアGP、ラップ後半にDRSゾーンが連続して3カ所設定

 初のF1サウジアラビアGPのために建設された市街地コース、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットには3カ所のDRSゾーンが設定される。

 27のコーナーを備えた6.174kmのサーキットで、今週末、初のレースが開催される。オーバーテイクを促進するためのDRS(ドラッグリダクションシステム)使用に関しては、ディテクションポイント、アクティベーションポイントともに3カ所設置されることが決まった。

F1 Topic:コーナー数はカレンダー最多の27。スパに次いで2番目に長いジェッダ・ストリート・サーキット

 ディテクション1はターン17出口、アクティベーション1はターン19出口、ディテクション2はターン22入口、アクティベーション2はターン25入口、ディテクション3はターン27入口、アクティベーション3はターン27の170m先に設定され、すべてがラップの後半に集中する形になっている。

 F1のモータースポーツ担当マネージングディレクターであるロス・ブラウンは、このサーキットについて「このデザインは現代の市街地サーキットとして最高レベルのものであり、高速で流れるようなラインのエリアが、非常に速いスピードとオーバーテイクのチャンスを生み出すだろう」と述べている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します