サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東京大学、デンソーなど民間4社と社会連携講座を開設…走行中給電システムを研究

ここから本文です
東京大学大学院新領域創成科学研究科は、デンソー、日本精工、ブリヂストン、ロームの4社と共同で、「SDGsを実現するモビリティ技術のオープンイノベーション」社会連携講座を設置した。設置期間は2020年12月1日~2024年3月31日(3年4か月)。

本講座は東京大学大学院新領域創成科学研究科の藤本博志准教授を含む2名体制で実施。モビリティの電動化を支える技術や、電動モビリティを省資源でより持続可能にする技術の研究開発、またオープンイノベーションとして成果の一部を開放する仕組みの試行を実施する。

おすすめのニュース

サイトトップへ