現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGPスティリア予選:新人ホルヘ・マルティン、レコード更新! 今季2度目PP獲得。中上貴晶は10番手

ここから本文です

MotoGPスティリア予選:新人ホルヘ・マルティン、レコード更新! 今季2度目PP獲得。中上貴晶は10番手

掲載
MotoGPスティリア予選:新人ホルヘ・マルティン、レコード更新! 今季2度目PP獲得。中上貴晶は10番手

 MotoGP第10戦スティリアGPの予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはプラマックのホルヘ・マルティンだった。

 スティリアGPの予選は、気温25℃、路面温度はFP4から若干下がり32℃のコンディションで行なわれた。

■マルク・マルケス、完全復活はまだ遠い? 怪我の状態は「思ったより良くない」

 FP3までの総合タイムで決する予選組分けでは、アレックス・リンス(スズキ)やKTMのブラッド・ビンダーとミゲル・オリベイラといったライダーがQ1からの出走に。またワイルドカード参戦のダニ・ペドロサ(KTM)、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)の代役であるカル・クラッチローもQ1からのスタートとなった。

 Q1序盤ではオリベイラとリンスが好タイムをマーク。Q2進出が可能となるトップ2に並んだ。ただアレックス・マルケス(LCRホンダ)、ビンダーがその直後に続いており、タイム差もごく僅かだ。

 後半のアタックは互いに出走タイミングを見計らいながらのスタートとなったが、大きなトラブルはなく進行していった。

 ペドロサとバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)がランデブーでアタックすると、後方についていたロッシがタイムを更新。ただこの時点で5番手と、Q2圏内には届かなかった。

 他のライダーも続々とアタックに入っていくものの、なかなかQ2圏内に割って入るライダーは現れずに残り時間が消化されていった。

 しかし最終アタックでは、アレックス・マルケス(LCRホンダ)が1分23秒347でトップタイムを更新。オリベイラがわずか0.005秒差の2番手に入り、このふたりがQ2へと駒を進めた。

 なお終盤のアタックではエネア・バスティアニーニ(エスポンソラマ)がアレックス・マルケスを超えるタイムを記録していたが、トラックリミット違反があったために抹消。幻のQ2進出となってしまった。

 またペドロサは4番手タイム、バレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)は7番手で予選Q1敗退となった。

 ポールポジションを決するQ2が開始されると、多くのライダーが間髪入れずにコースイン。

 Q2でまずタイムを刻んできたのはファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)。1分23秒259で暫定トップに立つと、そこにジャック・ミラー(ドゥカティ)、マルティンとドゥカティ勢が続いた。

 クアルタラロは連続アタックでタイムを1分23秒075まで更新。マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)が2019年に記録したレコードタイム(1分23秒027)に近いところまで迫った。

 セッション後半のアタックでは、ピットでの”牽制”は目立たず穏やかなスタートとなった。

 アタックが始まるとフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)が1分23秒038をマーク。しかしその直後、マルティンが1分22秒994とコースレコードを更新するタイムを記録。初めて1分23秒台を破り、暫定トップの座に立った。

 このタイムはなかなか破られないまま最後のアタックに。そしてクアルタラロがマルティンを超える最速タイムを叩き出した……と思われたが、これもトラックリミット違反によって抹消されてしまった。

 結局マルティンが記録したタイムを超えるライダーは現れず、ルーキーがコースレコードを記録して今季2度目のポールポジションを獲得した。2番手はバニャイヤ、3番手はクアルタラロだ。

 日本人ライダーの中上貴晶(LCRホンダ)は、最終的に1分23秒536で10番手タイム。決勝レースは4列目からのスタートとなった。

 なおQ2最後のアタックではマルク・マルケスがセクター1まで最速ペースを刻んでいたが、ターン3で転倒。タイムを更新できず、8番手で予選を終えた。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

まさに無法者パラダイス!! 検挙件数は1万4000超え! 電動キックボードの現状がやばすぎる
まさに無法者パラダイス!! 検挙件数は1万4000超え! 電動キックボードの現状がやばすぎる
ベストカーWeb
彼女がマツダ「RX-8」に夢中になって12年! ブランドミックスでお気に入りのスタイルに大満足! 実はパートナーの「RX-7」もスゴイこだわりの1台で…
彼女がマツダ「RX-8」に夢中になって12年! ブランドミックスでお気に入りのスタイルに大満足! 実はパートナーの「RX-7」もスゴイこだわりの1台で…
Auto Messe Web
アルピーヌ、再起動の戦略と技術【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
アルピーヌ、再起動の戦略と技術【石井昌道の自動車テクノロジー最前線】
グーネット
スポーツランドSUGOでGTE主催のGT300テストがスタート。初日はStudie BMW M4が最速
スポーツランドSUGOでGTE主催のGT300テストがスタート。初日はStudie BMW M4が最速
AUTOSPORT web
【円形の有機ELディスプレイを見よ!】 ミニJCWカントリーマン・オール4 BMW X1とコンポーネンツ共用多数
【円形の有機ELディスプレイを見よ!】 ミニJCWカントリーマン・オール4 BMW X1とコンポーネンツ共用多数
AUTOCAR JAPAN
想像以上に「アルファ・ロメオ」! 新型ジュニア・エレトリカへ試乗 新時代の幕開けを告げる電動SUV
想像以上に「アルファ・ロメオ」! 新型ジュニア・エレトリカへ試乗 新時代の幕開けを告げる電動SUV
AUTOCAR JAPAN
なぜ地域金融機関が次々と電動3輪バイクを導入? ノーヘル・普通免許で運転可能な「スイング・スポーツ」の利点と採用理由を関係者に尋ねてきました
なぜ地域金融機関が次々と電動3輪バイクを導入? ノーヘル・普通免許で運転可能な「スイング・スポーツ」の利点と採用理由を関係者に尋ねてきました
Auto Messe Web
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
「電気自動車」はタイヤが減りやすい? 重い「バッテリー搭載」による噂の真相とは! 最適な「EV専用タイヤ」は存在するの?
くるまのニュース
戦後革命を起こした1949年の名車 22選 欧米の「未来」を描いたクルマたち
戦後革命を起こした1949年の名車 22選 欧米の「未来」を描いたクルマたち
AUTOCAR JAPAN
NA V8サウンドを全身で浴びる フェラーリ360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(2) 今が狙い時!
NA V8サウンドを全身で浴びる フェラーリ360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(2) 今が狙い時!
AUTOCAR JAPAN
ディーノ以来の大進化! 360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(1) 想像以上に優しいフェラーリ
ディーノ以来の大進化! 360 モデナ/スパイダー/チャレンジ・ストラダーレ(1) 想像以上に優しいフェラーリ
AUTOCAR JAPAN
『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
『ドラゴンボール』悟空とベジータがドリフトパフォーマンス、フュージョン!?
レスポンス
「あのクルマ値札つけて走ってる!」が意思表示!? 車が売れる国の“習慣” ディーラーもダイナミックすぎる! オーナーは元力士
「あのクルマ値札つけて走ってる!」が意思表示!? 車が売れる国の“習慣” ディーラーもダイナミックすぎる! オーナーは元力士
乗りものニュース
サーキット走行も可能なエレガントモデル!BMW新型「M4クーペ」「M4カブリオレ」日本上陸 3リッター直6エンジンは20馬力アップの530馬力
サーキット走行も可能なエレガントモデル!BMW新型「M4クーペ」「M4カブリオレ」日本上陸 3リッター直6エンジンは20馬力アップの530馬力
VAGUE
大型トラックが通行するからだけじゃない! いま日本の道路が「荒れて」いる目から鱗な要因
大型トラックが通行するからだけじゃない! いま日本の道路が「荒れて」いる目から鱗な要因
WEB CARTOP
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
消滅したブランドの魅力を再評価!「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」を振り返ってみて思うこと
@DIME
eモータースポーツ世界大会へ、8月10日に日本代表選考レースを開催 エントリー募集中
eモータースポーツ世界大会へ、8月10日に日本代表選考レースを開催 エントリー募集中
レスポンス
上質なドライビング体験をもたらしてくれるMINIのフレンドリーなEV「COOPER SE」の魅力
上質なドライビング体験をもたらしてくれるMINIのフレンドリーなEV「COOPER SE」の魅力
@DIME

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

146.3498.0万円

中古車を検索
Q2の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

417.0526.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

146.3498.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村