サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ホルヘ・マルティン、前戦表彰台から一転3秒遅れの最後尾で初日終える「バイクが安定せず危険な状態だった」と原因を説明|ポルトガルGP

ここから本文です
 2021年シーズンにMotoGPクラスへデビューしたホルヘ・マルティン(プラマック)。彼は第2戦ドーハGPで早くも表彰台を獲得する活躍を見せた。しかし第3戦ポルトガルGP初日はそこから一転し苦戦。最後尾で初日を終える事態となってしまったが、バイクに不安があったことが原因のようだ。

 マルティンはポルトガルGP初日をトップのフランチェスコ・バニャイヤ(ドゥカティ)から3秒以上の差をつけられる最下位のポジションで終了。前戦でポールポジションを獲得し、レースの大半で先頭をリードしたライダーがこうまで沈むのはいささか不可解な状況だ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン