サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 超ワル顔のクーペSUV風に大変身! シトロエン新型「C4」登場

ここから本文です

超ワル顔のクーペSUV風に大変身! シトロエン新型「C4」登場

■100%ピュア電気自動車「e-C4」も同時発表

 仏シトロエンは2020年6月30日、コンパクトハッチバックの「C4」をフルモデルチェンジして発表した。100%ピュアEVの「e-C4」も同時に発表された。

超豪華! ホンダ新型「UR-V」登場!「CR-V」より大きい高級クーペSUVとは?

 今回のフルモデルチェンジで3代目に進化した新型C4は、クーペSUVのテイストを取り入れたスタイリングに変更。筋肉質でダイナミックなボディになっている。

 大径ホイール(690mm)を採用し、ライバルより大きい156mmという最低地上高となる。車高が高くなったことでライバル車よりも高いアイポイント(1220mm)を実現し、運転中の視認性の向上を果たしたという。

 ボディサイズは全長4360mm×全幅1800mm×全高1525mm、ホイールベースは2670mmと、従来型に比べて30mm長く、10mm幅広で、35mm背が高くなっている。ホイールベースも60mm長くなっている。

 荷室容量も通常時380リッター、最大荷室容量は1250リッターとライバルよりも大きい。

 ガソリン/ディーゼルエンジンのほか、100%電気自動車(BEV)の「e-C4」も用意する。

 ガソリンエンジン車は1.2リッター直列3気筒ターボの「ピュアテック100」「ピュアテック130」「ピュアテック155」の3種類、ディーゼルエンジン車は「ブルーHDi 110」「ブルーHDi 130」の2種類となる。

 BEVのe-C4は、136ps・260Nmを発生するモーターを搭載。400V・50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最大航続距離はWLTPモードで350kmとなる。また最高速度は150km/h、0-100km/h加速は9.7秒(スポーツモード)というパフォーマンスを誇る。

 シトロエンの「フライングカーペット=空飛ぶ絨毯」と呼ばれる独特な乗り心地も健在だ。C4カクタスやC5エアクロスSUVにも搭載される「プログレッシブ・ハイドロリック・クッション(PHC)」を新型C4にも採用している。

 さらに高密度フォームを採用した「アドバンスド・コンフォート・シート」により、長時間ドライブでも最適な快適性を得ているという。

 インテリアを見ると、ダッシュボードに直接組み込まれた、世界初の「スマートパッドサポート」が面白い。これはアップル「iPad Air2」とサムスン「Tab A 10.5」の2つのタブレットを安全に固定するものだ。

 さらに助手席の前にはクッション付きのスライド式トレイを用意。滑り止めコーティングが施されており、タブレットやその他のものを安全に保持する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します