サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパー耐久第5戦、水素エンジンカローラが3度目の挑戦…カワサキとトヨタが協力してオーストラリアから水素を供給

ここから本文です

鈴鹿サーキット(三重県)を舞台に9月18・19日の日程で開催されるスーパー耐久第5戦に、水素エンジンの『カローラ』が挑む。川崎重工業とトヨタ自動車が協力して、オーストラリアから水素エンジンの燃料を供給、サーキット内に水素ステーションを設置する。

スーパー耐久富士24時間(5月22~23日決勝)で初めてレースに登場した水素エンジンのカローラ。レースとしては格下のマシンよりも遅いなど、まだまだの結果だったが、レースカーとして水素エンジン車が挑戦できるということを示した歴史的な一戦となった。

オートポリス戦を経て水素エンジンは成熟。

おすすめのニュース

サイトトップへ