サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 無人・遠隔で月面工事する技術開発、国交省が推進…ボッシュやコマツが参加

ここから本文です

国土交通省は11月18日、宇宙無人建設革新技術開発で技術開発する対象を決定したと発表した。月面建設機械に適応する技術の確立を目指す。

「無人建設(自動化・遠隔化)に係る技術」では、ボッシュが清水建設とともに、自律施工のための環境認識基盤システムの開発と自律施工を実証する。人工知能によって建機側の判断範囲を広げ、自律分散型に近い施工を可能とするシステムを構築して実証する。また、月のような特殊な環境で認識システムを構築する手法の確立も目指す。

コマツは、将来の月面建設機械の基盤技術である精度の高い「デジタルツイン技術」の構築可能性を検証する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン