サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ホンダF1、苦手サーキットの”克服”が2020年の課題。レッドブル+フェルスタッペンがメルセデスを苦しめる?

ここから本文です
 2019年シーズン、ホンダのパワーユニットはパフォーマンス面で大きく前進を果たした。その結果、レッドブルのマックス・フェルスタッペンがレッドブルリンク(オーストリアGP)、ホッケンハイム(ドイツGP)、インテルラゴス(ブラジルGP)で勝つのを手助けすることになった。ただ、そのいずれのサーキットも、長いストレートを備えたコースである。

 フェルスタッペンは、レッドブルとの契約を2023年まで延長。そして2020年シーズンには、タイトル争いに加わることを目指している。ホンダも当然、この”野望”については認識している。

おすすめのニュース

サイトトップへ