サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WEC:コロナ禍でのル・マン24時間『連帯と責任』を合言葉に、観客数を絞って開催へ

ここから本文です
 6月30日、ル・マン24時間レースを主催するACOフランス西部自動車クラブは、9月19~20日に延期となった第88回ル・マン24時間レースを通常よりも観客数を減らした状態で開催すると発表した。また2020年大会の合言葉を設定し、これを1923年の初開催以来、ル・マンを支配してきた言葉である『連帯と責任』とした。

 新型コロナウイルスの世界的大流行の影響を受けて、本来行われるはずだった6月から9月へと開催が延期されている2020年のル・マン24時間レース。

おすすめのニュース

サイトトップへ