サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデスベンツ、全世界の工場をCO2ニュートラルに…2022年から

ここから本文です

メルセデスベンツ、全世界の工場をCO2ニュートラルに…2022年から

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は5月25日、2022年から世界中のすべての生産拠点を、CO2ニュートラルにすると発表した。

全生産拠点のCO2ニュートラル化は、ダイムラーがメルセデスベンツを含めたグループ全体の中期経営計画として発表した「アンビション2039」(Ambition2039)と密接な関係がある。

アンビション2039では、今後の20年間で、メルセデスベンツ乗用車の向かう方向性を示した。2030年までに新車販売の50%以上を、プラグインハイブリッド車(PHV)やEVにすることを目指す。

EVについては、市販EV第1弾の『EQC』に続くモデルを投入する。さらに、乗用車だけでなく、商用車、トラック、バスの電動化も進める。また、燃料電池車など、他の電動ソリューションの開発も促進していく。

メルセデスベンツは今回、2022年から世界中のすべての生産拠点を、CO2ニュートラルにすると発表した。2022年以降、世界中のメルセデスベンツの工場は、太陽光発電、風力発電、水力発電など、再生可能エネルギーのみから電力を取得する。

メルセデスベンツは、CO2ニュートラルな生産は、アンビション2039の実現における重要なステップ、としている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します