サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【工場を売却か】メルセデス フランス工場閉鎖へ 現行型スマートの生産は継続

ここから本文です

【工場を売却か】メルセデス フランス工場閉鎖へ 現行型スマートの生産は継続

【工場を売却か】メルセデス フランス工場閉鎖へ 現行型スマートの生産は継続

1600人が就業中

text:James Attwood(ジェームズ・アトウッド)

【画像】スマートEQフォーツー、日産リーフ、ルノー・ゾエ、ヒュンダイ・コナ・エレクトリック、キアeニロ、キア・ソウルEV【ライバル比較】 全93枚

メルセデス・ベンツは、現在スマートブランドを生産している、フランスのハンバッハ工場を閉鎖する計画を発表した。

コスト削減、生産ネットワークの合理化、および電動モデル生産戦略の大規模な変更が、その要因とされている。

1997年に、メルセデスのシティカーブランドの製造のために開設されたこの工場は、「スマート・ビル」の名で知られている。

現在、電動のスマートEQフォーツーおよびEQフォーツー・カブリオレが生産されており、約1600人のスタッフが働いている。

2018年、メルセデスは、電動モデル生産のため、5億ユーロ(605億円)の投資を行い、スマートに加え、メルセデスEQモデルを同施設で生産する計画を発表していた。

しかし、昨年、メルセデス・ベンツはスマートブランドの50%を、中国企業のジーリーホールディングに売却し、将来モデルの生産を中国に切り替えることを明らかにした。

そのため、ハンバッハ工場の将来が疑問視されていた。

メルセデスは、電動化、デジタル化、およびCO2排出量の削減への投資は必須であり、また、パンデミックによる経済的影響を考えると「コスト構造を改善、効率化する必要があります」と述べている。

同社の取締役会メンバーであるマーカス・シェーファーは「将来のための拠点を確保することが重要となってきます」

「現行のスマートは、引き続きハンバッハで生産されます」と述べている。

現行車種の生産終了まで、メルセデスが工場を運営するのか、それともジーリーホールディングとの契約の一部となるかについては、明らかになっていない。

メルセデスは以前、ドイツのブレーメン、ラシュタット、ジンデルフィンゲンの工場で、電動モデルを製造する計画を発表している。

ハンバッハで製造予定だったコンパクトEQモデル(モデル名未定)は、これらの工場のうちの1つに、生産場所を変更する可能性が高い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します