サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 降雪時に注意! 突然の雪でも焦らないための対処法

ここから本文です

降雪時に注意! 突然の雪でも焦らないための対処法

■高速道路を利用する際は、冬用タイヤの装着及びタイヤチェーンを携行

 本州の南側を低気圧が通過する影響で、今週末は関東甲信地方での降雪や積雪が予想されています。とくに、1月17日の夜から翌朝にかけては関東の平野部でも降雪・積雪の可能性があるようです。

全方位真っ白… 雪道を運転中“ホワイトアウト”に遭遇 正しい対処法とは?

 1月18日は大学入試センター試験の初日でもあり、普段以上の道路の混雑が予想されるため、クルマを使用する際は十分な余裕をもって出かけるようにしてください。

 凍結や積雪路面でクルマを発進させる場合は、アクセルを大きく踏みすぎないことが重要です。とくに凍結路ではタイヤが滑り出すとタイヤとの摩擦で氷が溶けて水になり、その水がタイヤと氷の間に膜を作ってしまいます。

 そうなると、さらにタイヤが滑りやすくなり、発進は一層困難となるためアクセルはゆっくり少しずつ踏みましょう。

 雪の坂道では先行車との車間距離に気をつけることが重要です。登り坂では一旦止まると登板できない可能性があるため、晴天時や雨天時以上に車間距離を取り、できる限り止まらないように運転してください。

 下り坂ではブレーキ操作を慎重におこない、ギアなどを操作して強すぎないエンジンブレーキを多用して速度を落とすことをおすすめします。

 ほかにも、雪道で不安になる状況として「わだち」があります。雪道はクルマが通ることで雪がタイヤに踏み固められ、わだちができてしまいます。わだちを無理に避けて走るのは危険なので、わだちには逆らわず、くぼみに沿って走るようにしましょう。

 また、積雪や凍結時に高速道路を利用する際は、「冬用タイヤ規制」や「チェーン規制」がおこなわれる可能性もあるため、週末に高速道路を利用する予定がある人は、いまのうちから冬用タイヤを装着し、タイヤチェーンをクルマに積んでおいてください。

■雪道は思わぬアクシデントがいっぱい! そんな時どうする?

 積雪や凍結した道路でクルマを使用する際の注意点をいろいろと紹介しましたが、気を付けていても思わぬアクシデントが起きてしまうのが雪道です。

 そんな時は、いったいどうすればいいのでしょうか。

 まず、雪道で一番起こりやすいアクシデントは、積雪にタイヤが取られて進まなくなる「スタック」です。

 細心の注意を払って雪道を運転していたにもかかわらずクルマがスタックしてしまった場合、いったいどうすればいいのでしょうか。

 JAFは次のように答えます。

「とにかく雪をどけることが必要です。左右駆動輪前後の雪を排除し、車が動けるスペースを確保してください」

 また、雪道を走る際の注意点については、

「大規模な降雪が予想される際は、そもそも無用な外出を避けるのが第一です。滑り止め措置を取れない状態では事故や渋滞の原因となりますので、やむを得ず出かける際には、事前に十分準備をしておくことが重要です」とのことでした。

 ほかにも、積雪時にクルマを使用する際の注意点として、出先で長時間駐車する際は冷えたフロントウインドウにワイパーが張り付いてしまう恐れがあるため、ワイパーを跳ね上げておくことをおススメします。

 また、ドアとボディの隙間を塞ぐゴム部品のウェザーストリップが凍結し、ドアが開かなくなる恐れもありますが、無理に引き剥がそうとすると破損してしまうこともあるため、洗車などのタイミングで、事前にゴム製品の保護剤を塗布しておくとだいぶ緩和されるそうです。

※ ※ ※

 豪雪地方など、積雪した道路に慣れている地方でない限り、どうしても積雪時は道路などの交通網が混乱します。

 そんな、混乱を少しでも減らすためにも雪予報が発表された際はまず、クルマに乗らない選択肢を考えましょう。

 やむを得ずクルマで移動する場合は焦らず、十分な事前準備を心がけてください。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します