サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > イベント > HONDA「大阪オートメッセ2020」に出展! 今夏発売の新型シビック・タイプRなど12台を展示

ここから本文です

HONDA「大阪オートメッセ2020」に出展! 今夏発売の新型シビック・タイプRなど12台を展示

 “操る喜び”を感じられる多彩なラインアップ

 HONDA(ホンダ)は、2月14日(金)から16日(日)まで開催される「第24回 大阪オートメッセ2020」に出展。四輪車、二輪車、モータースポーツ競技車両など、さまざまなカスタマイズの可能性を提案する車両を出展する。

スズキ・ジムニー &シエラのカスタムが激アツ! 「大阪オートメッセ2020」では注目車両が集結する予感

 最新の市販スポーツモデルから、いろいろなアイデアを具現化した車両など、本田技研工業ならではの「操る喜び」を感じられる多彩なラインアップを披露する。

 主な出展モデルとしては、2020年1月にマイナーチェンジを発表した「シビック HATCHBACK(ハッチバック)」。スポーティさに上質さを加えることをコンセプトにしたモデルで、上質さを際立たせるために、トップロードサンルーフをオプション設定したほか、防音性能をアップ。適材適所に防音材を追加することでタイヤから来るロードノイズや風切音などを抑えた設計になっている。

 また、2020年夏にマイナーチェンジを予定している「シビックTYPE R(タイプアール)」も展示。スポーツカーとしての進化を追求した最新モデルも、気になる部分が盛りだくさん。エンジンの冷却性能やブレーキ性能を向上させ、クルマの基本性能である”走る、曲がる、止まる”を中心にアップデートしているという。 

 他の展示車としては、スーパースポーツ「NSX」の新色「インディイエロー・パールII」や、カフェレーサー風にカスタマイズを施した「N-ONE(エヌワン)Café Racer Concept」、カスタムショップとコラボレーションした「CR-V(シーアールブイ)BLACK EDITION Custom Concept with THE CHECK SHOP」、などなどカスタマイズ車両も必見。

 2020年SUPER GTシリーズ GT500クラスに参戦予定の「NSX-GT(エヌエスエックス ジーティー)」といったモータースポーツ競技車両のほか、期間限定カラーを纏った「CB1100 RS」や「レブル500」という2輪車も展示。期間中、HONDAのブースは「インテックス大阪」の3号館に設けられる。出展車両は以下の通り(予定)。

4輪車

 2輪車

モータースポーツ車両

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します