現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【注目新車】大物上陸決定、SUVの次はピックアップが来る! 新型三菱トライトンは、超スタイリッシュなすべてを一新した新世代、人気者になるにちがいない by 竹岡圭

ここから本文です

【注目新車】大物上陸決定、SUVの次はピックアップが来る! 新型三菱トライトンは、超スタイリッシュなすべてを一新した新世代、人気者になるにちがいない by 竹岡圭

掲載 59
【注目新車】大物上陸決定、SUVの次はピックアップが来る! 新型三菱トライトンは、超スタイリッシュなすべてを一新した新世代、人気者になるにちがいない by 竹岡圭

日本仕様はダブルキャブの4WD。エンジンは高出力ディーゼル!

 三菱自動車は、2023年7月26日、新型ピックアップトラック、トライトンをモデルチェンジ。タイで世界初公開するとともに、タイでの販売を開始しました。日本には初代モデルが2006年に限定導入されただけだったので、三菱自動車のピックアップトラックのことを、ご存じでない方も多いかもしれません。しかし何を隠そう、三菱の屋台骨を支えているのは、このトライトンだったりするんです。

「チーム三菱ラリーアート」の新型『トライトン』がアジアクロスカントリーラリー2023で総合3位入賞。チーム賞も受賞

 現在のトライトンに続く系譜は、1978年に発売されたフォルテから始まります。フォルテ→ストラーダ→トライトンと名前を変えつつ、実にこれまでに世界約150か国で560万台以上が販売されています。その数、三菱の世界販売台数の約2割を占めるといいますから、言うまでもなく最重要モデルのひとつだったりするんですよね。

 そんなトライトンがフルモデルチェンジ! 2023年3月にタイのバンコクモーターショーでコンセプトカーを発表して以来、大賑わいとなっているわけですが、実は7月26日にタイで行われた発表会に、ワタクシ行って参りました。

発表会は大盛況! さすが三菱を支える世界戦略モデル

 いやはや。すごかった! ベーシックなトライトンはもちろんのこと、すでにキャンピングカー仕様、アウトドア仕様、お仕事仕様、パネルバン仕様、サーキット仕様、そしてもちろんAXCRラリーアート仕様など、さまざまな新型トライトンが勢揃い。基本は働くクルマのトライトンですが、アウトドアやモータースポーツシーンを含め、あらゆるタイプをプレゼンテーションしていました。ユーザーが多彩な使い方をすることを、想定して開発されていることの証明です。

 トライトンの生産工場は、タイのレムチャバンという、バンコクとパタヤの間くらいにある海沿いの町にあります。バンコクで行われた発表会は日本人として、ちょっと感動しちゃうほど大規模で大盛況でした。

 ちなみにこのレムチャバンの近く、シラチャという町には、日本の企業もたくさん進出しているそうで、現在ではバンコクまで出向かなくても日本製品がシラチャで手に入るようになったんだとか。もちろんバンコクまで行けば、「ドンドンドンキ」というドン・キホーテの海外版のお店がありまして、大方日本のドン・キホーテと同様のラインアップが揃っている感じでしたけどね。

 おっと。少々話が逸れましたので元に戻します。今回発表となったトライトンは、9年ぶりのフルモデルチェンジ、三菱のピックアップとしては6代目、トライトンとしては3代目モデルとなりまして、なんとフレーム/ボディ/足回り/エンジン/4WDシステムなど、すべてを刷新したオールニューモデルなんです。これだけすべての箇所が新しくなるのは珍しいということで、いつも以上に世界中から注目が集まったというわけだったんですね。

 そして、日本でも今回話題になっているのは、いよいよ! カタログモデルとしては初めて、日本に導入されることが決まったからなんです! 日本には2024年初旬にやってくるそうですが、果たしてどのモデルがやってくるのか? 気になりますよね。

スタイリッシュ&タフな日本仕様は2024年初頭に上陸

 今回ワタクシが見てきたのは、あくまでもタイ向けモデルなのですが、トライトンはボディタイプが3つあります。2列シート×4枚ドアのダブルキャブ、2座×2枚ドアのシングルキャブ、2座シートの後ろに荷室スペース×観音開きの小さなドアがつくクラブキャブです。日本へ導入されるのはダブルキャブの予定です。

 新開発のラダーフレームは意欲作です。ハイテン材の採用比率を増やしたり、断面積の工夫をし、重量増は最小限に抑えつつ、剛性を各段に向上させるという手法を実現しました。それに載せるボディは先代よりひと回り大きくなりました。キャビンの幅は+50mm。ホイールベース+130mmと、後部座席を含めてゆったりとした室内空間に仕上げられています。

 そしてこちらも新開発のクリーンディーゼルエンジンは、出力違いの仕様がいくつか用意されているのですが、日本へは新型ターボチャージャーと新燃焼システムが採用された、150kW/470Nmの高出力バージョン×6速ATモデルが、まずはやってくるのではないかと睨んでおります。
 ちなみに4WDシステムも2つあり、どちらも新しくなっておりますが、日本に来るモデルには、アクティブヨーコントロール(AYC)を採用したスーパーセレクト4WDIIが搭載されているようです。
 サスペンションも、もちろん新設計。軽量化を図りながら、ストロークを20mm増やし、走行性能と乗り心地がグッと進化しています。

 デザインは力強く、ハンサム。Aピラーを立て、ヒップポイントを20mm高めることで、優れた乗降性と、ワイドな視界を実現しています。また荷台高を45mm下げつつ後ろ側のステップに足を掛けやすくすることで、荷物の載せ降ろし性に配慮したりと、細かいところまで気遣いが行き届いていました。

 さらには、後部座席にリアサーキュレーターを装備するなど快適性も万全。ADAS系統を充実させることで安全性もハイレベルです。もう何から何までググッと進化していたので、目の肥えた日本のユーザーも驚くのではないでしょうか。

 新型は「三菱ならではの信頼感により、冒険心を呼び覚ます心豊かなモビリティライフをお客様に提供すること」を目指したそう。具体的には、冒険に誘い、家族と共に無事に帰ってこられるクルマのイメージです。並みのSUVより数段ヘビーデューティーな作りは、日本でも注目を集めることは確実だと思います。

「現場にすべて答えがある」を基本に、それをしっかりフィードバックして「世界で一番頑丈なピックアップを作ろうぜ!」を合言葉に作られたというトライトンは、日本でも新たなるファンを獲得しそうな予感がしました。だって、なんといっても、とにかくカッコよかったですから!

【プロフィール】
竹岡圭(たけおかけい)/各種メディアやリアルイベントで、多方面からクルマとかーライフにアプローチ。一方で官公庁や道路会社などの委員なども務める。レースやラリーにもドライバー/監督として積極参戦。AJAJ副会長、日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

こんな記事も読まれています

「アパートで充電する」方法は? レクサスRZ 長期テスト(3) 移動オフィスになる後席
「アパートで充電する」方法は? レクサスRZ 長期テスト(3) 移動オフィスになる後席
AUTOCAR JAPAN
北日本名物「ナゾの矢印」正式名称いえる? ドライバーの強い味方も「過信は禁物」か
北日本名物「ナゾの矢印」正式名称いえる? ドライバーの強い味方も「過信は禁物」か
乗りものニュース
モトグラフィックスのヤマハ TRACER7用「ボディパッド/ハンドガードプロテクター」がネクサスから発売!
モトグラフィックスのヤマハ TRACER7用「ボディパッド/ハンドガードプロテクター」がネクサスから発売!
バイクブロス
「TRDオフロード」、トヨタの新型ピックアップトラック『タコマ』に設定…ビルシュタイン製サス装着
「TRDオフロード」、トヨタの新型ピックアップトラック『タコマ』に設定…ビルシュタイン製サス装着
レスポンス
サイン・ハウスが B+COM シリーズの新製品「B+COM SX1」を発表!
サイン・ハウスが B+COM シリーズの新製品「B+COM SX1」を発表!
バイクブロス
スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト、注目の参加ドライバーリストが発表。F2王者プルシェールなど外国人ドライバーも多数……計32名の大所帯!
スーパーフォーミュラ合同/ルーキーテスト、注目の参加ドライバーリストが発表。F2王者プルシェールなど外国人ドライバーも多数……計32名の大所帯!
motorsport.com 日本版
「ローテーション」するとタイヤの寿命が延びる!? なぜ「前後交換」が推奨される? タイヤを長持ちさせる“コツ”とは
「ローテーション」するとタイヤの寿命が延びる!? なぜ「前後交換」が推奨される? タイヤを長持ちさせる“コツ”とは
くるまのニュース
日本で一番「軽自動車が大好きな県」とは? 全国調査で明らかに 都民もかなりの軽好き?
日本で一番「軽自動車が大好きな県」とは? 全国調査で明らかに 都民もかなりの軽好き?
乗りものニュース
めちゃめちゃ安くて手軽なのに雰囲気激変ってやるしかない! いまホイールキャップのドレスアップが盛り上がっていた
めちゃめちゃ安くて手軽なのに雰囲気激変ってやるしかない! いまホイールキャップのドレスアップが盛り上がっていた
WEB CARTOP
アウディ最後の「直5エンジン」となるか? 高速コンパクトセダン『RS3』の進化とは
アウディ最後の「直5エンジン」となるか? 高速コンパクトセダン『RS3』の進化とは
レスポンス
MotoGPの大型新人ペドロ・アコスタ、タイトル争いの”予定”を考えるのは非現実的? 「テスト1回で話すのは馬鹿げている」
MotoGPの大型新人ペドロ・アコスタ、タイトル争いの”予定”を考えるのは非現実的? 「テスト1回で話すのは馬鹿げている」
motorsport.com 日本版
“講師と生徒”の関係から、チームメイトに。野尻智紀がスクール時代に感じていた岩佐歩夢の才能「どうして曲がらないのか、それを正しく判断できていた」
“講師と生徒”の関係から、チームメイトに。野尻智紀がスクール時代に感じていた岩佐歩夢の才能「どうして曲がらないのか、それを正しく判断できていた」
motorsport.com 日本版
日産「GT-Rステーションワゴン」出現! ド迫力ウイング&MT採用! 激レアすぎる“爆速モデル”が米で高値に
日産「GT-Rステーションワゴン」出現! ド迫力ウイング&MT採用! 激レアすぎる“爆速モデル”が米で高値に
くるまのニュース
軽快でコーナリングが楽しい! ヤマハから新発売された原付二種ネイキッドスポーツ『MT-125』に乗ってみました!!
軽快でコーナリングが楽しい! ヤマハから新発売された原付二種ネイキッドスポーツ『MT-125』に乗ってみました!!
バイクのニュース
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】
ロータリーエンジンが帰ってきた! プラグインハイブリッドの動力源でも復活は嬉しいです【Key’s note】
Auto Messe Web
ヤナセ、中古車ショールーム「ヤナセ ブランドスクエア浦安」をリニューアルオープン、記念フェアも開催。
ヤナセ、中古車ショールーム「ヤナセ ブランドスクエア浦安」をリニューアルオープン、記念フェアも開催。
Webモーターマガジン
アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」
アルファロメオ、F1の次の目標はWEC参戦。同社CEO明かす「F1の効果は絶大だったが、ザウバーとの関係をコピペするつもりはない」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ミライ」一部改良で安全装備や先進機能を充実
トヨタ「ミライ」一部改良で安全装備や先進機能を充実
Auto Prove

みんなのコメント

59件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

125.9220.0万円

中古車を検索
トライトンの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

-万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

125.9220.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村