サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 今後の選択次第では苦境に立たされる可能性も! トヨタが電動車に「3種の電池」を使う理由

ここから本文です

 この記事をまとめると

■トヨタはニッケル水素・リチウムイオン・バイポーラ型ニッケル水素の3つの電池を使用

電気代は高い? 急速充電でも速度が違う? オーナーが語るEV「充電」のリアル

■加えて全固体電池も鋭意開発中だ

■この先10年でどのバッテリーを使うかの経営判断が先行きを左右する

 ハイブリッドに3つの電池を使い分けるトヨタ

 電動化を進めるなかで、トヨタは扱うバッテリーの種類が多い。1997年の初代プリウスから採用し続けるのがニッケル水素バッテリーだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン