サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ツインカムワイドグースボバー:ジャパニーズハーレーカスタムスタイルの正当なる進化形

ここから本文です

カスタムトレンドニュース[ウィズハーレー]

ツインカムエンジン搭載・日本型チョッパースタイルの進化形

電熱グローブ・ゼロスグラブヒート試用インプレッション【冬場のロングツーリングも快適】

グースネック化されたフレームによってステムを寝かし、そこにスプリンガーフォークを装着することで構築される低くコンパクトなシルエット…。90年代、我が国のシーンではこうしたスタイルのチョッパーをよく見かけたものだが、ここに紹介する遠藤自動車サービスによる1台は、ある意味でそれが正当に進化を果たしたカタチといえるかもしれない。

おすすめのニュース

サイトトップへ