サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 買っていきなりチューニングは厳禁! 高額だから程度極上とは限らないネオクラ車との付き合い方

ここから本文です

カスタムしたいという気持ちを抑えてまずは現状把握

 1990年代に生産された国産スポーツカーを筆頭に、熱狂的な盛り上がりが続くネオクラシックカー。新車が販売されていたころに憧れていた層だけじゃなく、当時は生まれてすらいなかった若い世代からも人気で、車種によっては新車の価格を軽々と上まわっている。そんな憧れのネオクラを手に入れたオーナーが、最初にやっておくべきことは果たして何だろうか。

異常な旧車の中古価格高騰! ブームに乗って暗躍する「怪しいブローカー」の存在

高額=程度極上とは限らないのがネオクラ車の注意点

 チューニングやドレスアップを急ぐ気持ちは分かるが、まずはコンディションを確認しつつ各部のメンテナンスだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン