サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ポルシェとシーメンス、水素と二酸化炭素で生成する合成燃料「eフューエル」 チリに生産工場を建設 レースカーにも使用

ここから本文です

 ポルシェとシーメンスエナジーは、水素と二酸化炭素(CO2)から生成される合成燃料「eフューエル」の生産工場を、他の国際企業と協力してチリに建設すると発表した。チリのプンタアレナス北部にパイロットプラントを建設し、2026年までに約5億5千万リットルのeフューエルを生成する。

 工場は22年の稼働を予定している、まずは22年に約13万リットルを生産する。その後、拡張を進め24年までに約5500万リットル、26年までに約5億5千万リットルまで増産する計画だ。

ボッシュ、シェルやVWと低炭素ガソリン「ブルーガソリン」を開発 CO2を20%削減可能

 ポルシェは同プロジェクトの開始を受けて、自社の内燃機関車にチリで生成したeフューエルを使用する。

おすすめのニュース

サイトトップへ