サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ジープの本格オフロードモデル、ラングラーが装備の一部改良とともに車両価格も変更

ここから本文です

2020年12月1日、FCAジャパンはジープの本格SUVであるラングラー(Jeep Wrangler)の装備を一部改良するとともに、車両価格を513万円から628万円に変更した。

※タイトル写真はいずれもジープラングラー アンリミテッド サハラ。

●【くるま問答】ガソリンの給油口、はて? 右か左か、車内からでも一発で見分ける方法教えます(2020.01.21)

すべてのグレードを改良。安全装備や快適装備を追加した
ラングラーは、SUVブランドであるジープのなかでももっともオフローダー色の強い本格クロカンモデルである。現行型は2018年10月にフルモデルチェンジした4代目で、2ドアボディをはじめ4ドアボディのアンリミテッドをラインアップ。

おすすめのニュース

サイトトップへ