サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 6輪車にウイングカー、ロマンがあったあの時代をもう一度……2021年F1マシンは画一化を食い止める?

ここから本文です
 F1における2021年のテクニカルレギュレーションが、FIAによって発表された。いくつかのF1チームは以前から、レギュレーションによって開発が著しく制限されてしまっていることを批判している。そういったことから、このままでは下位カテゴリーのようなワンメイクシャシーに近付いてしまうという声もあった。

 しかしながらFIAは、2021年のマシンには様々な形にデザインできる7つの重要なエリアがあることを明らかにした。これらの背景には、マシンをカラーリング以外でも識別できるようにするという狙いがあるようだ。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン