サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 前戦PPのストロール、”ミスコミュニケーション”で13番手に沈む「もう1回アタックできれば……」|F1バーレーンGP予選

ここから本文です

 F1第15戦バーレーンGPの予選が行なわれ、レーシングポイントのランス・ストロールはQ3進出を逃し、13番手となった。

 チームメイトのセルジオ・ペレスは5番グリッドを獲得したが、コンストラクターズランキング3番手を争うチームにとって、ストロールが下位に沈んだのは痛手だったと言える。

■レッドブルが2列目を確保。ホンダ田辺TD、バーレーン予選を「好結果に繋げたい」

 前戦トルコGPで見事なポールポジションを獲得したストロールは、今回もQ1をルイス・ハミルトン(メルセデス)に次ぐ2番手で通過するなど、決して調子は悪くなかった。しかし、ミディアムタイヤを履いたQ2で歯車が狂ってしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ