サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 警察か消防か保険会社か? 覚えておくべき「交通事故直後」の連絡の順番とは

ここから本文です

 この記事をまとめると

■交通事故が起きてしまった場合、さまざまな事後処理が必要となる

当事者はパニクっている可能性大! 義務ではないが「事故の目撃者」がとりたい行動5つ

■しかし直後はパニックになりがち

■万が一に備えて連絡すべき順番を確認する

 まずは負傷者の救護を!

 交通事故が起きてしまった場合、あるいは起こしてしまった場合には、連絡すべきところがたくさんある。警察、救急、保険会社、家族、勤め先、ディーラー、etc.

 事故直後はショックを受けたり動転していることもあるはずなので、もしもに備えて連絡すべき順番を確認しておこう。

おすすめのニュース

サイトトップへ