サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ スーパーカブ命名秘話 「カブ」って一体どういう意味?

ここから本文です

ホンダ スーパーカブ命名秘話 「カブ」って一体どういう意味?

「スーパーカブ」と言えば、バイクに詳しくない人でも知っている、知名度の極めて高いバイク……と言う事は周知の事実だろう。ただこのあまりにもありふれたスーパーカブのネーミングについて、知らない人も多いのではなかろうか?
スーパーカブの「カブ」って何? どういう意味があるの? 今回はそんな名車の名前の由来を紹介したい。

「カブ」の名前はどうして付いた?

【画像ギャラリー】カブF型やドリームなど黎明期のホンダ製バイク(6枚)

ホンダには1958年のスーパーカブ発売以前に、1952年に登場した「カブF」という名の製品が存在する。これは箱に詰められた荷姿で売られた自転車に後付けする50ccエンジンで、1947年の「A型エンジン」のフルモデルチェンジ版として発売された。

F型エンジンは白いガソリンタンクに赤いクランクケースカバーという、当時としては斬新なカラーリングをまとっており、そのイメージから、英語で「坊や、少年、肉食哺乳類の子供」を意味する「Cub(カブ)」というペットネーム(愛称のこと)が付けられた。

創業当時のホンダでは、本田宗一郎らの手による自転車補助エンジンの「A型」をスタートに、「B型」「C型」とモデルを重ねていった。1949年に車体からエンジンまでを含んだ完成車が出来上がると、その喜びと夢を合わせて「ドリームD」と名付け、その約2年後にはドリームDの進化版「ドリームE」を発売し市場で好評を博してゆく。

オートバイタイプのD、E型に「ドリーム」と名付け、成功した例から、F型エンジンにもペットネームを付けることとなり、前述のように「Cub」と名付けられた。そしてこのカブFは新たな販売網の構築に成功するなど、ホンダのヒット作として現在まで歴史に刻まれている。
余談だが、昭和41年に開始されたアニメ「魔法使いサリー」のなかで、サリーちゃんの弟の名前が「カブ」と設定されているのも同じ由来によるものである。

どうして「スーパー」カブとなったのか?

カブFから約5年後、自転車取り付けエンジンから更に進化した、50cc規格で完全完成車となるモデルの開発がスタート。その中でネーミングが検討され、大きな議論もなく決まったのが「スーパーカブ」だった。意味は読んで字のごとく、過去の成功商品「カブ」に「スーパー」を組み合わせたのである。
説明不要かもしれないが、英語のSuperとは、「より上に」とか「より高く」と言った意味を語源に持ち、「最高・特に・とても」等としても使える単語。
加えて日本では、1952年頃から大阪や東京で「スーパーマーケット」が産声を上げ、1956年「西武ストアー」、1957年「ダイエー」が創業するなど、戦後のジェネレーションに合った言葉として「スーパー」が世間に持てはやされていた時期だった。

「誰でも手軽に使えるトランスポーターで、既存の枠や概念にとらわれないこと」を目標に車作りは進められ、当時うなぎ上りに業績を拡大していたホンダでは、下請けメーカーと共に、複数の新規格部品を新設するなど、非常に意欲的な開発が行われていった
なお開発当初は「マルM」と呼ばれ、「マル」は「〇印」、「M」は当時ヨーロッパで隆盛を誇っていたモペットの頭文字からとられている。すなわち、「日本に合ったモペットを作りたい!」と言うのがスーパーカブの原点である。

開発時の呼称は、1958年登場の初代スーパーカブ「C100」の車体色に名残を残している。カブを塗るために作り出された青い車体色の名は「マルエムブルー」というのである。

1958年の発売から60年以上が経ち「スーパーカブ」の名は世界に広まっただけでなく、2017年には世界生産累計台数1億台を超えるなど(二輪四輪含む世界記録)、その成功は当初の開発陣の予想を遥かに超えるものである。昭和33年当時は「スーパー」と名付けられたが、現在の目で見たら「スーパー」を超えるもっと高みに位置する単語を探さねばならないのかも知れない──。

レポート●上屋 博

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します