サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】言い過ぎたかも……ヨハン・ザルコ、アビンティア“侮蔑”発言を謝罪

ここから本文です
 2020年のMotoGPをアビンティア・ドゥカティに加入して戦うヨハン・ザルコ。彼は契約前にアビンティアを低く評価する発言を行なっていたが、このほどチームに対し、自身の発言を謝罪したことを明らかにした。

 ザルコは昨年8月に、2年間の契約を結んでいたKTMとの契約を破棄し、早期にチームから離脱することを決定。その後、第17戦オーストラリアGP~最終戦バレンシアGPまで、怪我の治療を行なうために欠場した中上貴晶の代役としてLCRホンダからレースに参戦した。

おすすめのニュース

サイトトップへ